ギリシャ神話と天文と気紛れの文章集
http://aethraintacta.blog46.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New Window | スポンサー広告  
水仙と木霊
2008-04-02 Wed 22:36
ニンフのエコーはもともとは大変なおしゃべりでした。
あまりに喋るのでヘラの怒りを買い、他人の言うことを繰り返すことしか出来なくされてしまいました。

ある日、彼女は美少年ナルシッソスを見て恋をしてしまいました。
話しかけようとしても出来ません。
ナルシッソスも可愛らしいエコーを見て、「あなたは誰?」と訊きましたがエコーも「あなたは誰?」としか言いません。
その内腹を立てたナルシッソスはエコーを置いて何処かに行ってしまいました。
悲しんだエコーは姿を消し、今はやまびこ(エコー)として話しかけられるのを待っています。

さてナルシッソスは水を飲もうと、泉にかがみこみ―
水面に映る自分がとても美しかったので―自分に恋をしてしまいました。
それを見たヘラが、罰として彼を花に変えました。
それが水仙です。
今でも水辺で首を傾け、水面に映る自分の姿を見ています。
水仙の花言葉は「自己愛、自惚れ」。
この話からきています。
ナルシッソスは英語のナルシスト、ナルシシズムの語源です。

クリックお願いします
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
スポンサーサイト
New Window | ギリシャ神話の物語 | Comment:0 | Trackback:0 
<<パンの葦笛 | De Profundis | 月桂樹 >>
Comment of this Article
Comment this Article
 

only to Author
 

Trackback to this Article
| De Profundis |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。